ゆっくり紡ぐ日々

まぁ日記になってます。 当然ほとんど人は来ません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

二本目っ!!!

連続で後に続ける系のバトン

後に続け――!!ってバトンバトン

Q1 キミの目が冷たくて
A1 そっとその場から逃げ出した。
Q2 『馬鹿だろ』と軽く笑って
A2 彼は去っていった。
Q3 正直な気持ちを言うと…
A3 私がしっかりしていればここまで酷くはならなかった。
Q4 やりたいようにやれ、でも
A4 自分の正義は曲げるな。
Q5 もしもし…?(電話)
A5 その声は吹けば散りそうなほど儚かった。
Q6 泣いているあなたが愛しくって
A6 そっと涙を拭ってあげた。
Q7 キミに1番似合うのは
A7 そう言って開けた箱の中には婚約指輪が入っていた。
Q8 心が大きく揺れた…なんで
A8 なんで…。そう言って手から落ちた手紙は唯一の家族である弟の訃報だった。
Q9 怖いものなど何もない、
A9 ただ一人、あいつを除いては…。
Q10 覚えている?
A10 彼らとのひと冬の思い出を…。
Q11 この桜の木を見て思い出した
A11 たった一度、彼女とした約束を…。
Q12 冷たくされると
A12 寂しい。
Q13 僕(わたし)が死ぬ時、
A13 君(あなた)は悲しんでくれるかな…?そう言って旅立った。
Q14 生きる意味なんて、どこにあるのかな?
A14 それを探すのが生きるって事なんじゃないかな…。
Q15 他の誰よりもきっと
A15 君を慰めてあげられる。
Q16 久しぶりに夢を見たんだ
A16 僕が勇者になって魔王を倒す夢、…なんであんな夢を見たんだろ?そういった彼はその日を境に行方不明だ。(おいおい…。
Q17 「好き」なんて言葉…言えないけど
A17 貴女を愛しています。(そっちの方が恥ずかしくない?
Q18 なんでこんなに涙が溢れてくるの…?
A18 理由は分からないけれど記憶を失う前の私にとって大切な人だったのだろう。
Q19 心がポッカリ開いたように
A19 儚い笑みだった。
Q20 恋と愛の違いは
A20 さぁ?(おいっ!!!!
Q21 周りに流される自分が嫌んなって
A21 引篭もった。(おいっ!!!!パートⅡ
Q22 明日の4時に会おう…場所は
A22 ここで、じゃあ無事で…。それから五年間、彼を待ち続けている。
Q23 寒いから手袋を探した。でもキミは
A23 自分の片方の手袋をこっちに渡した、理由を聞くとこう言った、「半分こ…。」
Q24 何の用ですか…?
A24 いえ、別に…。
Q25 嗚呼…疲れた←んにゃ?終わりましたお\(^ο^)/乙
A25 おk!!!
スポンサーサイト

バトン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<またバトン…。orz | ホーム | 結局バトン。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。